親子でWKEとDWEバイリンガル育児

日本で生活している純日本人の母娘が、親子でバイリンガルになるために、おうち英語で日々奮闘中!

図書館で借りた絵本(2018年3月後半)

こんにちは、しょこです(*^^*)

毎晩、寝る前に30分から1時間ほど絵本の読み聞かせの時間を作っています。

図書館へは定期的に通っていて、英語の多読コーナーがある隣町まで本を借りに行っています。

 

図書館で借りた本をご紹介!

さて、今日は図書館で借りた本をご紹介します!

我が家でのバイリンガル育児は、英語はもちろん、日本語もそれ以上に大事にしたいと思っているので、借りる絵本は2カ国語です。

実際に借りたのは、こちら。
f:id:oyakobilingual:20180408161320j:image

  • プララのとんねるぶっぶー

娘好感度★★☆

プララが砂場の山のトンネルの中を冒険するお話です。とても簡単なので、2歳6カ月の娘でも内容がよく分かる絵本です。

  • ぴょんぴょんガエルくん

娘好感度★★★

関西弁の面白い絵本です。読み手も関西人になりきって、楽しく読めます。3歳からとありますが、娘のお気に入りで楽しんでいます。

  • へんてこハウス

娘好感度★★☆

絵がきれいで可愛い絵本です。豚の貯金箱がコガネムシの銀行だったり、虫や動物たちのお家やお店が出てきます。コウモリのお家は逆さまなので、娘はそのページだけ絵本を逆さまにして見ていました。

  • See you later, Alligator!

娘好感度★★★

仕掛け絵本になっていて、後ろから指を入れてワニの口をパクパク動かせるようになっています。ワニが喋ったり、朝食を食べたり、歯を磨いたり出来ます。『Milk please!』とお願いして娘に牛乳を飲ませてもらったり、『Brush his teeth.』と歯を磨いてもらったりしました。

  • Ten Fat Sausages

娘好感度★★☆

ワールドワイドキッズのステージ4に出てくる歌の絵本です。歌を知っていれば、歌いながら読めます。10までの偶数の数字を勉強できます。

 娘好感度★★☆

ベッドに一人また一人と増えていき、最後は6人になるお話。数字を数える勉強になります。娘が覚えて読んでくれる時もありました。

娘好感度★★☆

こちらも数がテーマです。タイヤの数を一緒に数えられます。1から4までと、no wheelsもあります。

娘好感度★★☆

簡単なウォーリーを探せのような感じで、テディベアを探したりします。アドリブで違う物を探してみるのも楽しいですよ。

 

英語の読み聞かせ、発音は気にしない!

非ネイティブの親の英語の発音が気になるので、英語の絵本は読み聞かせしないというご家庭もあると思います。私の友達もそうだと言っていました。

しかし我が家では、絵本の読み聞かせは、親子の大切なコミュニケーションの時間であり、日本語も英語も楽しむもの!という方針なので、発音に関しては気にせず、読み聞かせや語りかけを積極的にしています。

正しい発音はDVDやCDが教えてくれますが、言語を使うのに最も大切なコミュニケーションはDVD相手では出来ません。この部分を親が補うことが、我が家のバイリンガル育児のやり方です。

親が積極的に英語で語りかけることにより、娘もそれに答えるために発話をしてくれるので、メリットもたくさんありますよ。

 

引き続き、バイリンガル育児頑張ります(*^^*)